保育支援ソフト「見守るほいく」は新保育所保育指針に対応いたします。

今月の見守るほいく導入園インタビュー

東京都 杉並区 立正佼成会付属 佼成育子園

「保育士が個々の発達に見通しを持ち、信じて見守ることで、子ども同士で問題を解決する姿が見られるようになりました。」
  1. 以前の保育は子どもと一斉画一的な関わりが強かったように思います。

    私自身、子どものころを振り返ると、眠くもないのに嫌々寝かされる、保育士側から言うと寝かしつけるという姿を思い返します。自園でも鼓笛を保育活動の一環に取り入れていますが、以前は無理をさせている姿を見ると何だかせつない気持ちになります。

    その当時としてみれば保育士も一生懸命子どもに「やってあげる保育」をしていたのですが、今思うと子どもの為と言いながらも、どこかで保育士の都合を子どもに押し付けているのではないか、もっと子どもの立場に立って考えると、果たして現状でよいのかと感じていました。…
続きはこちら

資料請求


資料を請求
見守るほいくプラス
見守るほいくプラス
子どもたちの発達の偏りを科学的に可視化し、一人ひとりの内面の個性の差を見取るソフトです。
詳細はこちら
ポートフォリオ〜成長のものがたり〜
成長のものがたり
ポートフォリオ〜成長のものがたり〜保育の専門性を表現できるパーソナルポートフォリオ。子ども一人ひとりの育ちをしっかりと「可視化」します。
詳細はこちら
園内研修のご案内
「障害ではありません。それは個性です。」
野田先生〜配慮が必要な子どもたちのことを正しく理解するために〜
講師:野田 弘一
研修内容
●発達障害を正しく理解する
●「見守るほいくプラス」を使いこなす
詳細はこちら
プライバシーについて
プライバシーについて弊社は、JIS規格に準拠した個人情報保護に取り組んでおります。
プライバシーについてはこちら

参考文献




copyright