見守るほいくの仕様
ホーム「見守るほいく」の仕組>セキュリティについて(SSL)

見守るほいくの仕組




暗号化された安全な通信をお約束します。

「Secure Socket Layer」を採用しています。(以下SSL)

普段利用しているインターネットはインターネットのウェブサービスにおいて、サーバ⇔クライアントPC間でクレジットカード情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできるようにするために、米Netscape Communications社が開発したセキュリティ機能付きのHTTPプロトコルです。

分かりやすく説明すれば普段、皆様が利用しているインターネット(非SSL)は、簡単に他の人にのぞかれてしまう可能性があります。それは、はがきを手渡しで届けているように誰でも読めてしまうといったイメージです。
つまり、悪意のある人には情報を簡単に盗まれてしまう可能性があります。
しかし、伝える内容自体を暗号化(SSL)していれば、途中の配達をしてくれる人にも中身を読まれません。これは封筒に手紙をいれてしまうような形式です。
【SSL】は情報を暗号化することで、盗聴防止やデータの改ざん防止送受信する機能のことです。【SSL】を利用する事でより安全に情報を送信する事が可能となります。

この保育ソフト「見守るほいく」は「SSL」(Secure Socket Layer)と呼ばれる特殊暗号通信技術を使用しています。園児の情報を管理するデータベースサーバは、西日本最大のセキュリティデータセンターに設置され、日本ベリサイン社より認証された最も安全な通信が可能となっています。
日本ベリサイン社の発行する証明書を取得しています。この証明書は、SSLに必要なサーバIDがインストールされていることを証明するものです。
データをインターネットを経由してやりとりすることを特殊暗号通信技術で可能にしたのでこの「見守るほいく」は安心してご利用いただけるようになっています。

お問い合わせ、資料請求はこちらからどうぞ

お問い合わせ 資料請求



このページの一番上へ

copyright