導入園インタビュー
ホーム>利用者の声 佼成育子園

東京都杉並区 立正佼成会附属 佼成育子園「保育士が個々の発達に見通しを持ち、信じて見守ることで、子ども同士で問題を解決する姿が見られるようになりました。」
なぜ今までの仕組みから見守るほいくソフトに変えられたのですか?

佼成育子園のホームページ
  1. 以前の保育は子どもと一斉画一的な関わりが強かったように思います。

    私自身、子どものころを振り返ると、眠くもないのに嫌々寝かされる、保育士側から言うと寝かしつけるという姿を思い返します。自園でも鼓笛を保育活動の一環に取り入れていますが、以前は無理をさせている姿を見ると何だかせつない気持ちになります。

    その当時としてみれば保育士も一生懸命子どもに「やってあげる保育」をしていたのですが、今思うと子どもの為と言いながらも、どこかで保育士の都合を子どもに押し付けているのではないか、もっと子どもの立場に立って考えると、果たして現状でよいのかと感じていました。

    子ども自身もいつも保育士側から提供されるものを受身になるのではなく、自らやりたいことを選択し、保育士も子どものやりたいことを保障すること、子どもも保育士も一人の人格として互いに認め合い、共存することができないか、年齢で決め付けた保育ではなく、個々の発達の違いに応じた保育を提供できないかと感じていました。

    また、当時の保育書類も発達記録が作文のような情緒的で表現に個人差もあり、他者との情報共有が難しく感じていました。園では保育理念の共有には一環性を持つよう取り組んでいましたが、保育実践は保育士それぞれの保育観の中で保育が進められ、職員会議の中でも私の保育観はと発言することも多くみられ、互いの保育観を共有することが難しい状況でした。

    そんな中で前園長が見守るほいくソフトを知りる機会があり、カグヤさんへソフトについて問い合わせをしてソフトについての説明をお聞きしたところ、保育の専門性の要素である発達の順序性・連続性を保育指針の5領域から見取れることなど、これだなと思い導入を決めました。




    導入する際にどのようなことに悩みましたか?
    自園は今までIT環境が整っていなかったので、まずはIT環境を整備を進めました。

    手書き書類からパソコンに変わるということもありますが、パソコンは得意な先生がいましたので、その先生が中心になって活用を進めてくれるのではと思いました。




    貴園ではどのようにソフトを活用していますか?
    発達記録に関しては乳児は月に1回、幼児に関しては3ヶ月に1回程度、発達記録を行っています。今までは保育指針の5領域の発達課題を一人の保育士が 満遍なく記録することが難しかったですが、5領域全てを記録することができ、同じ発達項目を保育士同士で共有することの大切さを感じているようです。


    このソフトを導入して先生がどう変わりましたか?
    自園ではソフトの活用と共に各発達の領域別に発達項目を検討し合えるチームをつくり、0歳から6歳までの発達の連続性や順序性などを踏まえ、保育観の共有を図りながら保育理念を共有しています。年齢や担当で発達を見るのとは違い、保育士が発達の見通し力を持てること、個人ではなく園としての発達過程を検討し共有することができているように感じます。

    話し合いが進むうちに保育士一人ひとりの個性や特性を互いに理解できること、保育士の子どもへの関わりが子どもへどれほどの影響を与えてしまうか、大人の関わりや保育現場の環境設定がそのまま子どもの育ちに直結してしまうことなどの気づきがあったようです。
      
    保育士はいつでも心穏やかにし子どもと接すること、子どもに押し付けや、やらせるのではなく、まずは保育士が子どもに手本を見せることなど保育士の意識も変わってきたようです。


    このソフトとともに見守る保育を導入して、子どもがどう変わっていきましたか?
    今までは保育士からの働きかけが強かった関係から保育士が個々の発達に見通しを持ち、子どもとの関わりを信じて見守ることで、子ども同士の関わりが以前より強くなり、保育士を頼らず、子ども自らが考えることや子ども同士で問題を解決する姿など見られるようになりました。

      




    今後はどのように活用していきたいですか?
    ソフトの導入する際には保護者様にもお伝えました。賛同して頂ける保護者様ばかりではなかったですが、導入時期からシリーズで見守るほいくの目的などを広報として文章でお伝えしています。少しずつではありますが、保護者の方から自分で自分のことができるようになりましたという声を聴くようになりました。今後も少しずつですが伝え続けていきたいと思います。

    見守るほいくプラスについてはどのように活用していますか?
    今までは発達に偏りのある子どもと関わった保育士が自分の主観で記録として記述していましたがどうしても客観性に欠け、園として発達状況を共有することが難しかったように感じていましたが、子どもの発達状況が客観性のあるグラフ化されてででることで視覚で発達を共通することができるようになりました。

    また定期的に訪問して下さる療育の先生にもお見せすると、以前よりもその子の発達状況の現状を把握することができ、園と療育の先生との共有がしやすくなり、以前よりも療育の先生からのアドバイスが的確に頂けるようになりました。園にとってもこれは大きな変化だと感じています。


    今後はどのように活用していきたいですか?
    今後は保育の専門性をご理解して頂くためにも保育カルテを抽出し、保護者面談の席で子どもの発達状況を各発達の領域から経過と共に現状を伝え、今後の発達の見通しを園とご家庭と互いに共有し、子どもを互いに見守れる関係性つくりに 役立てていきたいと思います。





お問い合わせ、資料請求はこちらからどうぞ

お問い合わせ 資料請求

このページの一番上へ

copyright